解体工事で発注者の罰則責任が問われる

解体工事の情報サプリのメインimage
解体工事では不手際があると発注者に罰則責任が問われるケースもあります。信頼できる業者に依頼をするようにしましょう。

解体工事で発注者の罰則責任が問われる

解体工事において何かしら不手際が発生した場合、発注者である施主に罰則が適用されるケースも十分にあり得ます。

解体工事は業者にすべて丸投げ…ではなく、発注者に責任が問われる可能性もあることを理解した上で、信頼の置ける業者に依頼をすることが重要です。

先ず、契約時には廃棄物の分別解体法、工事費用、再資源化などの費用、特定建設資材廃棄物を持ち込む施設の名称などが、しっかりと契約書に記されているかチェックしましょう。

その上で、工事開始の一週間前までに解体工事の計画書を届け出しましょう。

次に、工事中に廃棄物が適正に分別・処理されエチル火、近隣への配慮はしっかりなされているか確認をしましょう。

工事終了後には、再資資源化等が適切に行われているかを書面で確認し、何か問題があれば都道府県知事にその旨を申告するようにしましょう。

何よりも大切なことは、信頼できる業者に解体工事は発注することです。

まずは、解体工事の窓口にお見積りを!

このエントリーをはてなブックマークに追加